柔らか食 研修

神奈川県栄養士会の研修で講師を務めました。
タイトルはズバリ
『明日から活かせる やわらか食の調理と試食』 実演試食
『昔ながらの工夫VS酵素均浸法VSソフト食』
私が担当したのは昔ながらの家庭の知恵で
「柔らかく美味しく仕上げる方法」。
肉や魚を柔らかく仕上げる、野菜の切り方や煮方、
下ごしらえで工夫するなどのご提案。
参加者は施設や在宅で活躍している栄養士さん!
はっきり言って

知恵も経験も皆さん豊富なので、非常に緊張感が
ありつつ、「共に考える機会」という気持ちで
臨みました。
終了後熱心に質問いただいたり、感想をいただいたり
とりあえずホッとしています。
かなり大変でしたが、他の先生方の内容も勉強になり
栄養士会の役員の方々にも色々教えていただいた

貴重な機会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です