メールマガジンのご紹介

このブログをお読みいただきありがとうございます。
今日はメールマガジンのご紹介です。
当方は食の企画事務所・料理教室を運営していますが
食情報メールマガジンを約12年前から発行しています。
今号よりメールマガジンにて新コーナー
「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」が
スタートいたしました。
料理の柔らかさ、に着目したレシピコーナーです。
今後内容を充実させていく予定ですので関心のある方
がおられましたら、よかったらご覧ください。
なお2つのメルマガ配信スタンドから発行しており
バックナンバーの閲覧、ご登録は以下から可能です。
【メールマガジン登録・解除・バックナンバーはこちら】
 まぐまぐご利用⇒ http://www.mag2.com/m/0000090890.htm  
 メルマご利用⇒ http://melma.com/backnumber_154229_5842821/
それではよろしくお願いいたします。
–*-*-*-*-*-*- 第324号(2014/5/13) *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
     
ワーキングウーマンのための「食」通信
          
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 「心身元気になる料理生活」。作る楽しさと、作る人+その大事な人
  の「美味しい」というヨロコビが心身の元気を作ると信じています。
  料理教室・食の企画事務所Y’sfoodlaboの管理栄養士 二本木ゆうこ
  が食情報をお送りします。
____________________も_く_じ________________________________
1.材料使い切りレシピ「冷蔵庫の片隅に愛を込めて」
  ・・今号は 「鯵のなめろう(梅風味)」 
2.◎新コーナー「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」
  ・・第1回 お茶うけにピッタリ!「金時豆の甘煮」

 
3.料理のパーソナルトレーニングのご案内・・・
   皆さんメキメキ力をつけてます『マンツーマンレッスン』
          
        
4.編集後記・・・最近のはなし
______________________________________________________
皆さまお元気ですか?
 
 今号のレシピは青背の魚がちょっと苦手な方におすすめ!
 梅干しの力で爽やかに美味しい「なめろう」です。
 そして新コーナー「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」
 もスタートします。
 どうぞお付き合い下さい。
●1.材料使い切りレシピ「冷蔵庫の片隅材料に愛を込めて♪」
今号は・・「鯵のなめろう(梅風味)」 
ひとこと:はちみつ梅が合います♪
     
<材料>作りやすい量
 鯵(刺身用3枚おろし)   1尾
 ※薬味
  葱            5㎝
  しその葉 2~3枚
  生姜 1片
 味噌 小さじ1
 はちみつ梅 1粒
 
 あれば海苔 適量
 
   
<作り方>
1.葱、生姜、しその葉はみじん切りにする。はちみつ梅は種を外しペ
  ースト状に細かくたたく。
2.3枚におろした鯵は腹骨をすき、骨抜きで小骨を抜き、皮をむく。
  細く刻んだらみじん切りの要領でさらに細かく刻む。
  その上に味噌と梅肉を塗りつけ薬味を散らしまんべんなく混ざるよ
  うたたく。
3.器に2を盛り付け、海苔を添える。海苔で巻いてお好みで醤油をつけ
  いただく。
●ここがポイント!
 3枚おろしは魚屋さんでもやっていただけることが多いので、小骨をとる
 皮をむくなどができれば日常手軽に作れます。
 薬味は細かい方がなじみます。味噌は魚のクセをとりますがはちみつ梅
 もぐっと爽やか、個人的にイチオシです。青魚のクセがちょっと苦手と
 言う方、よかったらお試しください。
 
 画像はこちら
1
 
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
●2.◎新コーナー
   「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」

 
 ふと思い返せばこのメールマガジン、発行スタートしたのがたしか
 12年くらい前。スタート当初からお読み下さっている方が多くおら
 れると思います。
 皆一緒に年齢を重ねてきた訳ですが、例えば40代、50代。
 その世代の親御さん年代は硬いものや弾力のあるものなどが今まで
 より食べ難くなった、そろそろ、そんなこともあるのでは無いでし
 ょうか。
 このコーナーでは「ちょっと柔らかめ」の料理、また「いつもの調
 理に食べやすさや柔らかさのヒントを加えた」レシピなどを不定期
 に紹介していきます。とは言え、特別な料理ではないので老若問わ
 ずご家族一緒に食べられます。
 口の中の健康はとっても大切。特に噛む力が衰えることで食べるも
 のが偏ってくると徐々に栄養バランスが崩れがちになります。
 いつまでも元気で過ごしていただくために、そして食の楽しさを
 いつまでも。なにかヒントになればうれしいです。
 
 第1回・・お茶うけにピッタリ!「金時豆の甘煮」
ひとこと:半分つぶれるくらい柔らかく、あんこに近い口当たり。
      
<材料>作りやすい量
 金時豆(乾燥)      300g
 砂糖      200g
 塩 一つまみ
 醤油 大さじ1/2~
<作り方>
1.金時豆はたっぷりの水に一晩浸ける。漬け汁ごと鍋に入れ煮る。
  沸騰後3分くらい煮て煮汁を捨て水を替える。
2.再度沸騰したら弱火にし、豆が柔らかくなるまで(指で簡単に潰せる
  くらい)煮る。※こことっても大事です!
3.豆に対しひたひたよりやや少ないくらいまで煮汁を捨てて砂糖の約半
  分を加えて再度加熱。煮立ったら弱火で5分煮て火を止める。
  そのままあら熱がとれるまで置く。
4.再度残りの砂糖を加えて煮立てる。塩、醤油を加え水分がほぼなくなる
  くらいまでに木べらで混ぜながら水分を飛ばす。
●ここがポイント!
 砂糖を2度に分けて加えることで豆の皮が硬く締まるのを防いでいるのと
 中まで甘みを浸みこませています。
 上記の量だと結構できるので量を半分くらいでお試しいただいても良い
 し冷凍もおすすめです。甘く煮えてからでも良いし、砂糖を加える前の
 状態で冷凍すると料理にも使えます。野菜スープなどに加えてもとても
 美味しいです。 
 
 画像はこちら
 
2 
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
●3.料理のパーソナルトレーニングのご案内・・・
   皆さんメキメキ力をつけてます『マンツーマンレッスン』
          
  料理のパーソナルトレーニング『マンツーマンレッスン』では
  料理の基礎と定番を重視しています。
  
  料理を始めたい方、作っているけど何かもう一歩と感じて
  おられる方、ご結婚前後の方など沢山の方が受講し力を
  つけておられます。
  マンツーマンレッスン:http://yfood.net/mantoman/
  
  皆さん、力がついています!『生徒さんの声』(随時更新)
  http://yfood.net/voice/
 
料理を始めたい、基礎をしっかりおさえたい、自信をつけたい
  そんなあなたにおすすめです。
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
●4.編集後記:最近のはなし
 ここのところ「アロマ」の効果に驚く機会がいくつかありました。
 今年、インフルエンザのワクチンが間に合わず、その話をすると
 友人から
 「アロマオイルのティートリーは抗ウイルス、抗菌作用がすごい
 からアロマ浴すると予防に良いかもよ」
 と聴き
 早速ディフューザーで毎晩寝る前に試し始めました。
 そのおかげか、風邪をひくこともインフルエンザに罹ることも無く
 今日に至っているのですが
 すごいな、と思ったのがときどき寝る前にのどのイガイガ感で寝つ
 きが悪かったのですが、アロマ浴を始めてからのどのイガイガで困
 ることがなくなりました。
 リラックス効果、あるいはお部屋のフレグランスくらいの感覚だ
 ったのですが、生活の困りごとにこんなに役立ってくれるものだ
 とは・・。
 勉強したらもっとアロマは色々と活躍してくれそうです。
 そのほかにも「おお、ここでもアロマが・・!」という出来事もあ
 ったのですが、これはまた機会があれば書きたいと思います。 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
■メールマガジンのご感想はお気軽に、お問い合わせもお気軽に↓
 info●yfood.net   ●→@ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 3つのブログを運営しています。最近の内容は・・・
□【料理教室ブログ】 http://ameblo.jp/1to1lesson/
 『魚の骨の旨み』ほか
□【40歳からの介護を遠ざける「おとなの食活しんぶん」】
  http://ameblo.jp/kaigoyobou/
 『ああ金目鯛、食の記憶ってスゴイ』ほか
□【食と健康の企画事務所ニュース】
  http://blog.goo.ne.jp/yfood/
 『ホビークッキングショー「ふれあいクッキング」終了しました』ほか   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 それでは! また次号、元気でお会いしましょう!
------------------------------------------------------------—-
【発行者】「食」と「健康」の企画事務所 Y’s food labo
     元気食プロデューサー・管理栄養士 二本木ゆうこ
・個人向け料理の基礎トレーニング
     
・調理イベントの構成・講師・実演レシピの開発
 特定の食品や調理機器の実演に特化。「その商品のある生活の豊かさ」
 をお客様に料理を通してお伝えするお手伝いをしています。
 
・法人様向け:
 介護予防出張セミナー・講演・料理の基礎研修など
 http://yfood.net
      
 ※有料広告、相互広告は承っておりません。
 ※このメールマガジンはまるごと転送歓迎です。興味がありそうな知人
  ご友人に転送してあげて下さい。 
 ※内容・レシピ・画像等の無断転載は固くお断りしています。
【登録・解除・バックナンバーはこちら】
 まぐまぐご利用⇒ http://www.mag2.com/m/0000090890.htm  
 メルマご利用⇒ http://melma.com/backnumber_154229_5842821/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です